Search docs/

Androidセットアップ

Contents

Androidアプリを開発するためには、追加の環境設定が必要です。Androidアプリは、Windows、macOS、およびLinux上で作成できます。

Java

ネイティブAndroidアプリはJavaでコンパイルされています。ダウンロードページからJDK 8をダウンロードしてください。

Cordova は最新のJavaでは動きません。Androidアプリをビルドするために、JDK8をインストールする必要があります。

Gradle

GradleはAndroidアプリで使用するビルドツールで個別にインストールしなければなりません。詳しくはインストールページをご覧ください。

Android Studio

Android StudioはNativeなAndroidアプリを開発するためのIDEです。これにはAndroid SDKが含まれています。これをコマンドラインで利用するためには、設定が必要です。

Android Studioは、PC上でのAndroidデバイスのエミュレーションにも利用されます。Ionicアプリはデバイスで起動することもできます。

We don't recommend using Android Studio for developing Ionic apps. Instead, it should only really be used to build and run your apps for the native Android platform and to manage the Android SDK and virtual devices.

Android Studioのインストール

Android websiteからAndroid Studioをダウンロードします。より詳しいインストール手順はUser Guideをご覧ください。

Android SDKのインストール

Android Studioをインストールしたら起動します。IDEは、Android SDKのインストールが必要であることを検出するはずです。SDK Components Setupの画面で、SDKのインストールを完了して、Android SDKのパスのをメモしておいてください。

Android Studio SDK Setup

By default, the latest stable SDK Platform is installed, which includes a collection of packages required to target that version of Android.

To install system images and other minor SDK platform packages, you may need to ensure Show Package Details is checked at the bottom of the SDK Manager. Android Studio SDK Manager

For future reference, the Android SDK can be managed with Android Studio in the Configure » SDK Manager menu of the Android Studio welcome screen or Tools » SDK Manager inside Android projects.

コマンドラインツールの設定

Android SDKには便利なコマンドラインツールが付属しています。これは利用する前に、いくつかの環境変数を設定する必要があります。以下のドキュメントは、macOSとLinuxのものです。WIndowsの場合は、ターミナルセッションでの環境変数の設定と保存に関するドキュメントを確認ください。

~/.bashrcもしくは~/.bash_profile、または同様のシェル起動スクリプトを、次のように変更します。s:

  1. ANDROID_SDK_ROOT環境変数を設定します。このパスは、前のセクションでメモしたAndroid SDKのパスです。

    $ export ANDROID_SDK_ROOT=$HOME/Library/Android/sdk
  2. PATHにAndroid SDK コマンドラインのディレクトリを追加します。それぞれのディレクトリは、コマンドラインツールのカテゴリに対応しています。.

    # avdmanager, sdkmanager export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/tools/bin
    # adb, logcat export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools
    # emulator export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/emulator

    apksignerzipalignのために, $ANDROID_SDK_ROOT/build-tools/は必ずPATHに追加する必要があります。

Android仮想デバイスの作成

Android仮想デバイス(AVD)は、AndroidエミュレータがAndroid OSを実行するために利用する設計図です。以下のドキュメントはAndroidエミュレータをセットアップするための簡単な方法です。詳細な手順と情報は、Android のドキュメントを参照ください。

AVDs are managed with the AVD Manager. In the Android Studio welcome screen, click Configure » AVD Manager. The AVD Manager can also be opened inside Android projects in the Tools » AVD Manager menu.

AVD Setup

Click Create Virtual Device and select a suitable device definition. If unsure, choose Pixel 2. Then, select a suitable system image. If unsure, choose Pie (API 28) with Google Play services. See Android version history for information on Android versions.

AVDが作成されたら、AndroidエミュレータでAVDを起動します。エミュレータを実行し続けることは、Android用のIonicアプリケーションを開発しながら検出を確実にするための最良の方法です。

Android Emulator Booting

Androidデバイスを設定する

Androidハードウェアの実物は、Ionicアプリ開発でも使用できます。しかし、最初に、デバイスを開発用にセットアップする必要があります。以下のドキュメントは開発用にAndroidデバイスを設定する簡単な方法です。詳細な手順と情報については、the Android documentationを参照してください。

  1. デバイスのUSBデバッグを有効にします。Settingsを開き、Developer optionsに移動し、USB debuggingを有効にします。Developer optionsのメニューを最初に有効にする必要があるかもしれません。手順についてはthe Android documentationをご確認ください。
  2. デバイスにコンピュータへの接続許可があることを確認してください。macOSの場合、追加の設定は不要です。Windowsの場合はOEM USB driversをインストールしてください。

USBケーブルでデバイスをコンピュータに接続し、次のコマンドを使用して接続が機能することを確認します。

$ adb devices

デバイスが一覧表示されます。トラブルシューティングや詳細情報については、adb documentationをご確認ください。

Previous
iOS Setup
Next
Starting an App