Search docs/

Ionic Frameworkのサポートポリシー

コミュニティメンテナンス

Ionic Frameworkは当初から100%オープンソース(MIT)で、今後もオープンソースとして公開されます。開発者は、Ionicのコミュニティメンテナンス戦略を通して、Ionicが彼らのクロスプラットフォームアプリにとって正しい選択であることを保証することができます。Ionicチームは定期的に新しいリリースとバグ修正を提供しており、コミュニティからのプルリクエストを歓迎しています。

現実的な時間とリソースの制約と、フロントエンドの開発分野で革新を続けたいという願望を考えると、時間が経つにつれてIonicチームは新しいバージョンのFrameworkに焦点を移すことが必要になります。ただし、Ionicは新しいバージョンへの移行をできるだけスムーズにするために、this one for Ionic 4のようにできる限りのことを行います。オープンソースコミュニティはいつでも新機能とバグ修正を提出することを歓迎しています。

Ionic Frameworkの各バージョンの現在のステータスは次のとおりです。:

  • Ionic 4 [Active] (Angular, React, Vue, and more): 現在開発中の最新バージョンです。
  • Ionic 3 (Angular 2+): 新しい機能は開発されていませんが、大きなバグ修正を積極的にリリースしています。
  • Ionic 2 (Angular 2+): 新しい機能は開発されていません。
  • Ionic 1 (Angular 1 aka AngularJS): 新しい機能は開発されていません。

追加のサポートを必要とするチームや組織のために、Ionicには選択肢があります。詳細については、 Enterprise offeringsをご覧ください。

Previous
Versioning
Next
Installing Ionic