Search docs/

Progressive Web Apps in React

ReactアプリをPWAにする

PWAの主な要件は、 Service WorkerWeb Manifest の2つです。これらの両方を手動でアプリに追加することは可能ですが、Create React App (CRA)とIonic CLIのベースプロジェクトがこれらをすでに提供しています。

アプリケーションの index.ts には、serviceWorker.unregister() 関数の呼び出しがあります。基本CRAが提供するservice workersはオプトイン機能なので、有効にする必要があります。 有効にするには、serviceWorker.register ()を呼び出します。

import React from 'react';
import ReactDOM from 'react-dom';
import App from './App';
import * as serviceWorker from './serviceWorker';

ReactDOM.render(<App />, document.getElementById('root'));

// If you want your app to work offline and load faster, you can change
// unregister() to register() below. Note this comes with some pitfalls.
// Learn more about service workers: https://bit.ly/CRA-PWA
// serviceWorker.unregister();
serviceWorker.register();
CopyCopied

このパッケージを追加したら、 ionic build を実行し、 build ディレクトリをPWAとしてデプロイする準備ができます。

デフォルトでは、Reactアプリのパッケージには、アプリアイコン用のIonicロゴが付属しています。正しいアプリケーション名を使用するようにmanifestを更新し、アイコンを置き換えてください。

Note: Service Workersや多くのJavaScript API (位置情報など)のような機能は、セキュアなコンテキストでアプリをホストする必要があります。ホスティングサービスを介してアプリケーションを配備する場合は、Service Workersを最大限に活用するためにHTTPSが必要になることに注意してください。

Service Workerの設定

デフォルトでは、CRA/React Scriptには WorkboxのWebpackプラグイン に基づいて事前設定されたService Workerセットアップが付属しています。これはキャッシュファースト戦略を利用しており、ネットワークが新しいバージョンのアプリを返しても、アプリはキャッシュからロードされます。

CRA/React Scriptsの性質上、この設定はReact Scriptsの内部で行われるため、React Scriptsから抽出しない限りはカスタマイズできません。現在、Ionic CLIはReact Appのイジェクトをサポートしていないため、このアクションを実行する場合は、Ionic CLIの代わりにnpm/yearスクリプトを使用する必要があります。

デプロイ

Firebase

FirebaseホスティングはProgressive Web Appsに多くの利点を提供しており、CDNによる高速応答、デフォルトで有効になっているHTTPS、 HTTP2 push のサポートなどがある。

まず、まだ使用していない場合は、Firebaseで プロジェクトを作成 します。

次にターミナルでFirebase CLIをインストールします:

$ npm install -g firebase-tools

Firebase CLIをインストールした状態で、Ionicプロジェクト内で firebase init を実行します。CLI上で様々な確認を行っていきます:

"Which Firebase CLI features do you want to set up for this folder?" "Hosting: Configure and deploy Firebase Hosting sites." を選択します。

"Select a default Firebase project for this directory:" FirebaseのWebサイト上で作成したプロジェクトを選択します。

"What do you want to use as your public directory?" "dist" を選択ください。

Note: 次の2つの質問に答えることで、ルーティング、ハードリロード、ディープリンクがアプリ内で動作することが保証されます:

Configure as a single-page app (rewrite all urls to /index.html)?" "Yes" を選択します.

"File dist/index.html already exists. Overwrite?" "No" を選択します。

firebase.json という設定ファイルが生成されるので、アプリの設定にあわせて変更します。

最後に、キャッシング・ヘッダーが正しく設定されていることを確認する必要があります。これを行うには、 headers スニペットを firebase.json に追加します。完全なfirebase。jsonは次のようになります:

{
  "hosting": {
    "public": "build",
    "ignore": [
      "firebase.json",
      "**/.*",
      "**/node_modules/**"
    ],
    "rewrites": [
      {
        "source": "**",
        "destination": "/index.html"
      }
    ],
    "headers": [
      {
        "source": "/**",
        "headers": [
          {
            "key": "Cache-Control",
            "value": "public, max-age=31536000"
          }
        ]
      }
    ]
  }
}
CopyCopied

より詳しい firebase.json についての設定は Firebase documentation を参照ください。

次に、次のコマンドを実行して、アプリケーションの最適化バージョンを構築します:

$ ionic build --prod

最後に、アプリをデプロイします:

$ firebase deploy

これが完了すると、アプリがライブになります。

Previous
Platform Utils
Next
Overlays in Ionic React