メインコンテンツまでスキップ
Version: v6

ion-popover

shadow

Popoverは、現在のページの上部に表示されるダイアログです。これは何にでも使用できますが、通常はナビゲーションバーに収まらないオーバーフローアクションに使用されます。

ion-popover を使用するには、インラインで使用する方法と popoverController を使用する方法がります。それぞれの方法には異なる考慮点があるので、あなたのユースケースに最も適した方法を使用するようにしましょう。

インラインポップオーバー

ion-popover は、テンプレートに直接コンポーネントを記述して使用することができます。これにより、ポップオーバーを表示するために必要なハンドラの数を減らすことができます。

Angular、React、Vue で ion-popover を使用する場合、渡されたコンポーネントはポップオーバーが解除されると破棄されます。この機能は JavaScript フレームワークによって提供されるので、JavaScript フレームワークを使わずに ion-popover を使用しても、渡したコンポーネントは破棄されない。この機能が必要な場合は、代わりに popoverController を使用することを推奨します

いつ使うか

ポップオーバーをインラインで使用することは、ポップオーバーを開くためにクリックイベントを明示的に配線したくない場合に便利です。例えば、 trigger プロパティを使用して、クリックされたときにポップオーバーを表示するボタンを指定することができます。また、trigger-action プロパティを使って、トリガーが左クリックされたとき、右クリックされたとき、ホーバーされたときにポップオーバーを表示するかどうかをカスタマイズすることができます。

もし、ポップオーバーの表示と非表示を細かく制御したい場合は、 popoverController を使用することをお勧めします。

Angular

渡されたコンポーネントは、ポップオーバーが表示されたときに作成され、ポップオーバーが解除されたときに破棄される必要があるため、内部で <ng-content> を使用してコンテンツを投影することはできません。代わりに、<ng-container> を使用します。これは、<ng-template> が渡されることを想定しています。そのため、コンポーネントを渡す際には、<ng-template>でラップする必要があります。

<ion-popover [isOpen]="isPopoverOpen">
<ng-template>
<app-popover-content></app-popover-content>
</ng-template>
</ion-popover>

トリガー

インラインの ion-popover のトリガーは、インタラクションされたときにポップオーバーを開く要素です。インタラクションの動作は trigger-action プロパティを設定することでカスタマイズすることができます。なお、trigger-action="context-menu" はシステムのデフォルトのコンテキストメニューを開かせないようにします。

note

popoverController を使用する場合、ion-popover は前もって作成されないので、トリガーは適用されません。

isOpen プロパティ

インラインポップオーバーは isOpen プロパティを true に設定することによっても開くことができます。この方法はトリガーよりも細かくポップオーバーをコントロールする必要がある場合に使用されます。

isOpen は一方向のデータバインディングを使用しています。つまり、ポップオーバーが閉じられたときに自動的に false に設定されることはありません。開発者は ionPopoverDidDismiss または didDismiss イベントをリッスンして isOpenfalse にセットする必要があります。この理由は、ion-popover の内部がアプリケーションの状態と密に結合されるのを防ぐためである。一方通行のデータバインディングでは、ポップオーバーはリアクティブ変数が提供するブーリアン値だけを気にすればよいのです。双方向のデータバインディングでは、ポップオーバーはブール値とリアクティブ変数の存在の両方に関心を持つ必要があります。これは非決定的な動作につながり、アプリケーションのデバッグを難しくします。

ポップオーバーコントローラ

Ionic Framework からインポートされた popoverController を使用することで、ion-popover をプログラム的に表示することも可能です。これにより、インラインポップオーバーのカスタマイズ以上に、ポップオーバーを表示するタイミングを完全に制御することができます。

どのような場合に使用するのか

ポップオーバーはインラインで記述することをお勧めします。ポップオーバーをインラインで書くことが現実的でない複雑なユースケースの場合にのみ popoverController を使用すべきです。コントローラを使用する場合、ポップオーバーは前もって作成されないので、 triggertrigger-action などのプロパティはここでは適用されません。さらに、ネストされたポップオーバーはコントローラのアプローチと互換性がありません。なぜなら、ポップオーバーは create メソッドが呼ばれたときに自動的にアプリケーションのルートに追加されるからです。

React

コントローラの代わりに、React には useIonPopover というHookがあり、同じような振る舞いをします。なお、 useIonPopover<IonApp> の子孫であることが必要です。もし、 <IonApp> の外側でポップオーバーを使用する必要がある場合は、代わりにインラインポップオーバーを使用することを検討してください。

使い方

スタイリング

ポップオーバーはアプリケーションのルートで表示されるので、アプリケーション全体を覆うように表示されます。この動作はインラインポップオーバーとコントローラから表示されるポップオーバーの両方に適用されます。そのため、カスタムポップオーバースタイリングは特定のコンポーネントにスコープすることができません。代わりに、スタイルはグローバルに適用されなければなりません。ほとんどの開発者は、カスタムスタイルを global.css に配置すれば十分です。

note

If you are building an Ionic Angular app, the styles need to be added to a global stylesheet file.

配置

リファレンス

ポップオーバーを表示するとき、Ionic Framework はポップオーバーを相対的に表示するための参照点を必要とします。reference="event" を指定すると、ポップオーバーはトリガー要素で dispatch されたポインターイベントのx-y座標に相対的に表示されます。 reference="trigger" を指定すると、ポップオーバーはトリガー要素のバウンディングボックスに対して相対的に表示されます。

Side

side プロパティを使用することで、基準点の上、右、左、下のいずれかにポップオーバーを配置することができます。また、LTRやRTLのモードに応じてサイドを切り替えたい場合は、 startend を使用することができます。

Alignment

alignment プロパティは、ポップオーバーのエッジをトリガーエレメントの対応するエッジに揃えることができます。使用される正確なエッジは side プロパティの値に依存します。

Side and Alignment Demo

オフセット

ポップオーバーの位置をより細かく制御したい場合は、CSS 変数 --offset-x--offset-y を使用することができます。例えば、--offset-x: 10px はポップオーバーのコンテンツを 10px だけ右側に移動させます。

サイズ調整

ドロップダウンメニューを作成するとき、ポップオーバーの幅をトリガー要素の幅と一致させたい場合があります。トリガーの幅を事前に知らずにこれを行うのは厄介です。 size プロパティを 'cover' に設定すると、Ionic Framework はポップオーバーの幅をトリガー要素の幅に一致させるようにします。

popoverController を使用する場合は、event オプションでイベントを指定する必要があり、Ionic Framework は event.target を参照要素に使用します。このパターンの例は controller demo を参照してください。

ポップオーバーをネスト

インラインで ion-popover を使用する場合、ポップオーバーを入れ子にして入れ子のドロップダウンメニューを作成することができます。このとき、最初のポップオーバーの背景だけが表示されるので、ポップオーバーを開くたびに画面がだんだん暗くなっていくことはありません。

dismissOnSelect プロパティを使用すると、ポップオーバーのコンテンツがクリックされたときに自動的にポップオーバーを閉じることができます。この動作は、他のポップオーバーのトリガー要素をクリックしたときには適用されません。

note

popoverController を使用する場合、ネストしたポップオーバーは作成できません。なぜなら、ポップオーバーは create メソッドが呼ばれたときに、自動的にアプリケーションのルートに追加されるからです。

Interfaces

以下に、popoverController を使用する際に利用可能なすべてのオプションを示します。これらのオプションは popoverController.create() を呼び出す際に指定します。

interface PopoverOptions {
component: any;
componentProps?: { [key: string]: any };
showBackdrop?: boolean;
backdropDismiss?: boolean;
translucent?: boolean;
cssClass?: string | string[];
event?: Event;
animated?: boolean;

mode?: 'ios' | 'md';
keyboardClose?: boolean;
id?: string;
htmlAttributes?: { [key: string]: any };

enterAnimation?: AnimationBuilder;
leaveAnimation?: AnimationBuilder;

size?: PopoverSize;
dismissOnSelect?: boolean;
reference?: PositionReference;
side?: PositionSide;
alignment?: PositionAlign;
arrow?: boolean;
}

Types

以下に、ion-popover のすべてのカスタムTypeを紹介します。

type PopoverSize = 'cover' | 'auto';
type TriggerAction = 'click' | 'hover' | 'context-menu';
type PositionReference = 'trigger' | 'event';
type PositionSide = 'top' | 'right' | 'bottom' | 'left' | 'start' | 'end';
type PositionAlign = 'start' | 'center' | 'end';

アクセシビリティ

キーボードナビゲーション

ion-popover は、ポップオーバー内のフォーカス可能な要素間を移動するための基本的なキーボードをサポートしています。次の表は、それぞれのキーが何をするのかの詳細です:

KeyFunction
TabMoves focus to the next focusable element.
Shift + TabMoves focus to the previous focusable element.
EscCloses the popover.
Space or EnterClicks the focusable element.

ion-popover は、 button プロパティを持つ ion-item 要素間を移動するための矢印キーを完全にサポートしています。最も一般的な使用例としては、デスクトップにフォーカスしたアプリケーションにおけるドロップダウンメニューとして使用することができます。基本的なキーボードのサポートに加え、次の表ではドロップダウンメニューの矢印キーのサポートについて詳しく説明します。

KeyFunction
ArrowUpMoves focus to the previous focusable element.
ArrowDownMoves focus to the next focusable element.
HomeMoves focus to the first focusable element.
EndMoves focus to the last focusable element.
ArrowLeftWhen used in a child popover, closes the popover and returns focus to the parent popover.
Space, Enter, and ArrowRightWhen focusing a trigger element, opens the associated popover.

Performance

Mounting Inner Contents

The content of an inline ion-popover is unmounted when closed. If this content is expensive to render, developers can use the keepContentsMounted property to mount the content as soon as the popover is mounted. This can help optimize the responsiveness of your application as the inner contents will have already been mounted when the popover opens.

Developers should keep the following in mind when using keepContentsMounted:

  • This feature should be used as a last resort in order to deal with existing performance problems. Try to identify and resolve performance bottlenecks before using this feature. Additionally, do not use this to anticipate performance problems.

  • This feature is only needed when using a JavaScript Framework. Developers not using a framework can pass the contents to be rendered into the popover, and the contents will be rendered automatically.

  • This feature only works with inline popovers. Popovers created with the popoverController are not created ahead of time, so the inner contents are not created either.

  • Any JavaScript Framework lifecycle hooks on the inner component will run as soon as the popover is mounted, not when the popover is presented.

プロパティ

alignment

DescriptionDescribes how to align the popover content with the reference point. Defaults to 'center' for ios mode, and 'start' for md mode.
Attributealignment
Type"center" | "end" | "start" | undefined
Defaultundefined

animated

DescriptionIf true, the popover will animate.
Attributeanimated
Typeboolean
Defaulttrue

arrow

DescriptionIf true, the popover will display an arrow that points at the reference when running in ios mode. Does not apply in md mode.
Attributearrow
Typeboolean
Defaulttrue

backdropDismiss

DescriptionIf true, the popover will be dismissed when the backdrop is clicked.
Attributebackdrop-dismiss
Typeboolean
Defaulttrue

component

DescriptionThe component to display inside of the popover. You only need to use this if you are not using a JavaScript framework. Otherwise, you can just slot your component inside of ion-popover.
Attributecomponent
TypeFunction | HTMLElement | null | string | undefined
Defaultundefined

componentProps

DescriptionThe data to pass to the popover component. You only need to use this if you are not using a JavaScript framework. Otherwise, you can just set the props directly on your component.
Attributeundefined
Typeundefined | { [key: string]: any; }
Defaultundefined

dismissOnSelect

DescriptionIf true, the popover will be automatically dismissed when the content has been clicked.
Attributedismiss-on-select
Typeboolean
Defaultfalse

enterAnimation

DescriptionAnimation to use when the popover is presented.
Attributeundefined
Type((baseEl: any, opts?: any) => Animation) | undefined
Defaultundefined

event

DescriptionThe event to pass to the popover animation.
Attributeevent
Typeany
Defaultundefined

htmlAttributes

DescriptionAdditional attributes to pass to the popover.
Attributeundefined
Typeundefined | { [key: string]: any; }
Defaultundefined

isOpen

DescriptionIf true, the popover will open. If false, the popover will close. Use this if you need finer grained control over presentation, otherwise just use the popoverController or the trigger property. Note: isOpen will not automatically be set back to false when the popover dismisses. You will need to do that in your code.
Attributeis-open
Typeboolean
Defaultfalse

keepContentsMounted

DescriptionIf true, the component passed into ion-popover will automatically be mounted when the popover is created. The component will remain mounted even when the popover is dismissed. However, the component will be destroyed when the popover is destroyed. This property is not reactive and should only be used when initially creating a popover.

Note: This feature only applies to inline popovers in JavaScript frameworks such as Angular, React, and Vue.
Attributekeep-contents-mounted
Typeboolean
Defaultfalse

keyboardClose

DescriptionIf true, the keyboard will be automatically dismissed when the overlay is presented.
Attributekeyboard-close
Typeboolean
Defaulttrue

leaveAnimation

DescriptionAnimation to use when the popover is dismissed.
Attributeundefined
Type((baseEl: any, opts?: any) => Animation) | undefined
Defaultundefined

mode

DescriptionThe mode determines which platform styles to use.
Attributemode
Type"ios" | "md"
Defaultundefined

reference

DescriptionDescribes what to position the popover relative to. If 'trigger', the popover will be positioned relative to the trigger button. If passing in an event, this is determined via event.target. If 'event', the popover will be positioned relative to the x/y coordinates of the trigger action. If passing in an event, this is determined via event.clientX and event.clientY.
Attributereference
Type"event" | "trigger"
Default'trigger'

showBackdrop

DescriptionIf true, a backdrop will be displayed behind the popover. This property controls whether or not the backdrop darkens the screen when the popover is presented. It does not control whether or not the backdrop is active or present in the DOM.
Attributeshow-backdrop
Typeboolean
Defaulttrue

side

DescriptionDescribes which side of the reference point to position the popover on. The 'start' and 'end' values are RTL-aware, and the 'left' and 'right' values are not.
Attributeside
Type"bottom" | "end" | "left" | "right" | "start" | "top"
Default'bottom'

size

DescriptionDescribes how to calculate the popover width. If 'cover', the popover width will match the width of the trigger. If 'auto', the popover width will be determined by the content in the popover.
Attributesize
Type"auto" | "cover"
Default'auto'

translucent

DescriptionIf true, the popover will be translucent. Only applies when the mode is "ios" and the device supports backdrop-filter.
Attributetranslucent
Typeboolean
Defaultfalse

trigger

DescriptionAn ID corresponding to the trigger element that causes the popover to open. Use the trigger-action property to customize the interaction that results in the popover opening.
Attributetrigger
Typestring | undefined
Defaultundefined

triggerAction

DescriptionDescribes what kind of interaction with the trigger that should cause the popover to open. Does not apply when the trigger property is undefined. If 'click', the popover will be presented when the trigger is left clicked. If 'hover', the popover will be presented when a pointer hovers over the trigger. If 'context-menu', the popover will be presented when the trigger is right clicked on desktop and long pressed on mobile. This will also prevent your device's normal context menu from appearing.
Attributetrigger-action
Type"click" | "context-menu" | "hover"
Default'click'

イベント

NameDescription
didDismissEmitted after the popover has dismissed. Shorthand for ionPopoverDidDismiss.
didPresentEmitted after the popover has presented. Shorthand for ionPopoverWillDismiss.
ionPopoverDidDismissEmitted after the popover has dismissed.
ionPopoverDidPresentEmitted after the popover has presented.
ionPopoverWillDismissEmitted before the popover has dismissed.
ionPopoverWillPresentEmitted before the popover has presented.
willDismissEmitted before the popover has dismissed. Shorthand for ionPopoverWillDismiss.
willPresentEmitted before the popover has presented. Shorthand for ionPopoverWillPresent.

メソッド

dismiss

DescriptionDismiss the popover overlay after it has been presented.
Signaturedismiss(data?: any, role?: string | undefined, dismissParentPopover?: boolean) => Promise<boolean>

onDidDismiss

DescriptionReturns a promise that resolves when the popover did dismiss.
SignatureonDidDismiss<T = any>() => Promise<OverlayEventDetail<T>>

onWillDismiss

DescriptionReturns a promise that resolves when the popover will dismiss.
SignatureonWillDismiss<T = any>() => Promise<OverlayEventDetail<T>>

present

DescriptionPresent the popover overlay after it has been created. Developers can pass a mouse, touch, or pointer event to position the popover relative to where that event was dispatched.
Signaturepresent(event?: MouseEvent | TouchEvent | PointerEvent | CustomEvent<any> | undefined) => Promise<void>

CSS Shadow Parts

NameDescription
arrowThe arrow that points to the reference element. Only applies on ios mode.
backdropThe ion-backdrop element.
contentThe wrapper element for the default slot.

CSSカスタムプロパティ

NameDescription
--backdrop-opacityOpacity of the backdrop
--backgroundBackground of the popover
--box-shadowBox shadow of the popover
--heightHeight of the popover
--max-heightMaximum height of the popover
--max-widthMaximum width of the popover
--min-heightMinimum height of the popover
--min-widthMinimum width of the popover
--offset-xThe amount to move the popover by on the x-axis
--offset-yThe amount to move the popover by on the y-axis
--widthWidth of the popover

Slots

NameDescription
``Content is placed inside of the .popover-content element.