メインコンテンツまでスキップ
Version: v6

ハードウェアの戻るボタン

ハードウェアの戻るボタンは、ほとんどのAndroidデバイスにあります。ネイティブアプリケーションでは、これを使って、モデルを閉じたり、前のビューに移動したり、アプリを終了したりすることができる。既定値では、 戻るボタンを押すと、現在のビューがナビゲーションスタックからポップされ、前のビューが表示されます。ナビゲーションスタックに前のビューが存在しない場合は、何も起こりません。このガイドでは、ハードウェアの戻るボタンの動作をカスタマイズする方法について説明します。

note

ハードウェアの 「戻る」 ボタンとはAndroidデバイスの物理的な 「戻る」 ボタンのことであり、ブラウザの 「戻る」 ボタンや ion-back-button ボタンと混同しないでください。このガイドの情報は、Androidデバイスにのみ適用されます。

CapacitorとCordovaにおける戻るボタン

キャパシターまたはCordovaアプリケーションで実行している場合、ユーザーがハードウェアの戻るボタンを押すと、Ionic Frameworkは ionBackButton イベントを発行します。

ionBackButton イベントを監視して、起動するハンドラを登録できます。このハンドラは、アプリケーションの終了や確認ダイアログのオープンなどのアクションを実行できます。各ハンドラには優先順位を割り当てる必要があります。既定では、ハードウェアの戻るボタンを押すごとに1つのハンドラだけが起動されます。優先順位の値は、どのコールバックを呼び出すかを決定するために使用されます。これが便利なのは、モーダルを開いている場合、ハードウェアの戻るボタンを押したときにモーダルが閉じられたり、アプリが後方に移動したりしないようにしたいからです。一度に1つのハンドラだけを実行すると、モーダルを閉じることができますが、戻るにはハードウェアの戻るボタンをもう一度押す必要があります。

複数のハンドラを起動したい場合があります。各ハンドラのコールバックは、フレームワークに次のハンドラを呼び出すように指示するために使用できるパラメーターとして関数を渡します。

ブラウザにおける戻るボタン

モバイルブラウザーやPWAでアプリを実行する場合、ハードウェアのバックボタンカスタマイズは制限されます。これは、CapacitorとCordovaが、通常のWebブラウザでは公開されないデバイスAPIを利用しているために違いがあります。例えば、ハードウェアバックボタンを使ってオーバーレイやメニューを閉じる機能は、モバイルブラウザでアプリを実行しているときにはサポートされていません。これらは既知の制限であり、現時点では簡単な解決策はありません。

ハードウェアバックボタンを完全にサポートするには、CapacitorまたはCordovaの使用をお勧めします。

note

ブラウザやPWAで実行してる時、 ionBackButton イベントは実行されません。

Basic Usage

document.addEventListener('ionBackButton', (ev) => {
ev.detail.register(10, () => {
console.log('Handler was called!');
});
});

この例では、ハードウェアバックボタンが押されたときに呼び出されるハンドラを登録しています。優先度を10に設定し、次のハンドラを呼び出すことをフレームワークに指定していません。その結果、優先順位が10未満のハンドラは呼び出されません。優先度が10より大きいハンドラが最初に呼び出されます。

同じ優先順位値を持つハンドラが存在する場合は、最後に登録されたハンドラが呼び出されます。詳細は、 Handlers with the Same Priorities を参照してください。

複数ハンドラの呼び出し

各ハードウェアバックボタンコールバックには、 processNextHandler パラメータがあります。この関数を呼び出すと、ハードウェアバックボタンハンドラの呼び出しを続行できます。

document.addEventListener('ionBackButton', (ev) => {
ev.detail.register(5, () => {
console.log('Another handler was called!');
});

ev.detail.register(10, (processNextHandler) => {
console.log('Handler was called!');

processNextHandler();
});
});

この例は、次のハンドラを起動するようにIonic Frameworkに指示する方法を示しています。すべてのコールバックには、パラメータとして processNextHandler 関数が用意されています。これをコールすると、次のハンドラ (存在する場合) が起動されます。

同じ優先順位のハンドラ

内部的には、Ionic Frameworkはハードウェアのバックボタンハンドラを管理するためにプライオリティキューに似たものを使用します。優先順位の値が最大のハンドラが最初に呼び出されます。同じ優先順位のハンドラが複数存在する場合、このキューに追加された同じ優先順位の last handlerが、最初に呼び出されるハンドラになります。

document.addEventListener('ionBackButton', (ev) => {
// Handler A
ev.detail.register(10, (processNextHandler) => {
console.log('Handler A was called!');

processNextHandler();
});

// Handler B
ev.detail.register(10, (processNextHandler) => {
console.log('Handler B was called!');

processNextHandler();
});
});

上の例では、ハンドラAとBの両方の優先度は10です。ハンドラBは最後に登録されているため、Ionic FrameworkはハンドラAを呼び出す前にハンドラBを呼び出します。

アプリの終了

main

場合によっては、ハードウェアの戻るボタンを押したときにアプリケーションを終了することをお勧めします。これは、Capacitor/Cordovaが提供するメソッドと組み合わせた ionBackButton イベントを使用することで実現できます。

import { BackButtonEvent } from '@ionic/core';
import { Plugins } from '@capacitor/core';
const { App } = Plugins;

...

const routerEl = document.querySelector('ion-router');
document.addEventListener('ionBackButton', (ev: BackButtonEvent) => {
ev.detail.register(-1, () => {
const path = window.location.pathname;
if (path === routerEl.root) {
App.exitApp();
}
});
});

この例は、ユーザがハードウェアの戻るボタンを押したときにアプリケーションが終了し、ナビゲーションスタックに何も残っていないことを示しています。アプリを終了する前に確認ダイアログを表示することも可能です。

アプリケーションを終了する前に、ユーザーがルート・ページにあるかどうかを確認することをお勧めします。開発者は、Ionic Angularの IonRouterOutletcanGoBack 、 Ionic ReactおよびIonic Vueの IonRoutercanGoBack メソッドを使用できます。

内部フレームワークハンドラ

次の表は、Ionic Frameworkが使用するすべての内部ハードウェアバックボタンイベントハンドラの一覧です。 Propagates 列は、その特定のハンドラがIonic Frameworkに次の戻るボタンハンドラを呼び出すように指示するかどうかを示します。

HandlerPriorityPropagatesDescription
Overlays100NoApplies to overlay components ion-action-sheet, ion-alert, ion-loading, ion-modal, ion-popover, ion-picker, and ion-toast.
Menu99NoApplies to ion-menu.
Navigation0YesApplies to routing navigation (i.e. Angular Routing).