メインコンテンツまでスキップ
Version: v6

Ionic Vueの概要

@ionic/vue はcore Ionic experienceに、Vue開発者向けにカスタマイズされたツールとAPIを組み合わせたものです。

Vueバージョンサポート

Ionic VueはVue 3.0.0上に構築されています。Ionic Vueの初期バージョンでアプリを構築している場合は、最新のリリースにアップグレードして、Vueの依存関係をアップグレードしてください。

Vueツール

Ionic Vueプロジェクトには通常のVue CLIプロジェクトと同じツールが付属しています。つまり、Vue CLIとそのすべての機能を使って構築することになります。VueのデフォルトテンプレートにはルーティングやTypeScriptのサポートなど、デフォルトで有効になっている機能がほとんどありませんが、Ionic Vueはそれらをデフォルトで有効にしています。

Native Tooling

Capacitor は、Ionic VueウェブアプリをiOS、Android、ウェブ上でネイティブに動作させるための公式クロスプラットフォームアプリライブラリです。

Cordova とCordovaプラグインでIonic Vueを使用する際の技術的な制限はありませんが、Capacitorが公式に推奨されています。現時点では、Ionic CLIツール ツールでIonic VueのCordova統合をサポートする計画はない。詳細は こちら をご覧ください。

コミュニティからの情報

インストール

$ npm install -g @ionic/cli
$ ionic start myApp tabs --type vue

$ ionic serve █

Resources

Getting Started

Learn the fundamentals you need to know to start building amazing apps with Ionic Framework.

Navigation

Learn the basics of navigation inside your app with Ionic and Vue Router

Lifecycle

Learn about using Ionic lifecycle events in class components and with hooks