Search docs/

環境設定

Ionic Frameworkをはじめるためには、Node と npmがインストールされている環境が必要です。

もちろん、エディタも必要でしょう。Visual Studio Code をおすすめします。Visual Studio Codeは Microsoft製の無料でとてもパワフルなテキストエディタです。

ターミナル

Ionic開発の多くは、コマンドラインを利用する必要があります。コマンドラインに慣れていない場合は、このブログで簡単な概要を確認してください。

一般的に、OSに最初からついているターミナルの使用をお勧めします。多くのサードパーティ端末はIonicで正常に動作しますが、サポートされていない場合があります。

  • Windowsでは、 コマンドプロンプトPowerShell がサポートされています。WSLはIonicで動作することがわかっていますが、サポートされていない可能性があります。
  • macOSでは、組み込みの ターミナル アプリがサポートされています。

Git Bash(git-scm.com)はTTY対話機能をサポートしておらず、Ionicはサポートしていません。

Node と npm

モダンなJavaScriptプロジェクトのほとんどのツールはNode.jsで作られています。ダウンロードページには、すべてのプラットフォームのインストールパッケージが事前に用意されています。互換性を確保するためにLTSバージョンを選択することをお勧めします。

NodeにはJavaScriptパッケージマネージャーである npm がバンドルされています。

インストールできているかを確認するためには、新しいターミナルウィンドウを開いて以下を実行します。

$ node --version
$ npm --version

npm のグローバルパッケージをインストールする時、パーミッションエラーが起きがちです。 もし EACCES エラーがでたら、 Resolving Permission Errors を確認ください。

Git

必須ではありませんが、バージョン管理システムのGitの利用を強くお勧めします。

Gitは GitHub のようなGitホスティングサービスを利用することが多いですが、これらのサービスは最初にサインアップが必要となります。これらのGitホスティングサービスのチュートリアルをご確認ください:

それ以外の場合は、 公式のインストール手順 をご確認ください。コマンドラインユーティリティは、download page からダウンロードできます。.

インストールできているかを確認するためには、新しいターミナルウィンドウを開いて以下を実行します。

$ git --version

Git GUI

Gitはコマンドラインユーティリティですが、利用可能な GUIクライアント は多数あります。GitHub Desktopを推奨しており、GitHubとうまく連携します。

Previous
Overview
Next
CLI Installation