Search docs/

Reactナビゲーション

このガイドでは、IonicとReactで構築されたアプリでのルーティングの仕組みについて説明します。

IonReactRouter は一般的な React Router ライブラリを内部で使用しています。Ionic と React Router を使うことで、ページ遷移がリッチなマルチページアプリをつくることができます。

React Routerを使用したルーティングについて知っていることはすべて、Ionic Reactで利用することができます。Ionic Reactアプリの基本と、ルーティングがどのように機能するかを見てみましょう。

Ionic Reactにおけるルーティング

これは App コンポーネントのサンプルで、 "/dashboard" URLへの単一ルートを定義しています。"/dashboard"にアクセスすると、 DashboardPage コンポーネントをレンダリングします。

App.tsx

const App: React.FC = () =>
  (
    <IonApp>
      <IonReactRouter>
        <IonRouterOutlet>
          <Route path="/dashboard" component={DashboardPage} />
          <Redirect exact from="/" to="/dashboard" />
        </IonRouterOutlet>
      </IonReactRouter>
    </IonApp>
  );
CopyCopied

Route の直後に、デフォルトの Redirect を定義します。これは、ユーザーがアプリのルートURL("/")にアクセスすると、"/dashboard" URLにリダイレクトします。

リダイレクトには exact という prop もあります。つまり、このルートが一致するためには、URLが from prop(もしくは Routeexact が使われている場合の path prop)と正確に一致する必要があります。すべてのルートは"/"で始まるため、これがないと、このリダイレクトはすべてのルートに対してレンダリングされます。

ユーザーが認証されているかどうかを確認するなど、条件に基づいてルートのrenderメソッドからプログラムでリダイレクトすることもできます:

<Route
  exact
  path="/dashboard"
  render={props => {
    return isAuthed ? <DashboardPage {...props} /> : <LoginPage />;
  }}
/>
CopyCopied

IonReactRouter

IonReactRouter コンポーネントは、React Routerの従来の BrowserRouter コンポーネントをラップし、アプリケーションをルーティング用にセットアップします。したがって、 BrowserRouter の代わりに IonReactRouter を使用します。任意のpropを IonReactRouter に渡すことができ、それらはベースとなる BrowserRouter に渡されます。

ルーターのネスト

DashboardPage 内で、アプリのこの特定のセクションに関連するルートをさらに定義します。

DashboardPage.tsx

const DashboardPage: React.FC = () => {
  return (
    <IonRouterOutlet>
      <Route exact path="/dashboard" component={UsersListPage} />
      <Route path="/dashboard/users/:id" component={UserDetailPage} />
    </IonRouterOutlet>
  );
};
CopyCopied

ここでは、アプリの DashboardPage から更にコンポーネントが定義された2つのルートがあります。pathにはルートの全体を定義する必要があり、そのURLからこのページに到達した場合でも、 "/dashboard" を省略できないことに注意してください。 React Routerは絶対パスを必要とし、相対パスはサポートされていません。

ただし、 match オブジェクトの url プロパティを使用して、コンポーネントをレンダリングするために match したURLを提供できます。これは、ネストされたルートを操作するときに役立ちます。

const DashboardPage: React.FC<RouteComponentProps> = ({match}) => {
  return (
    <IonRouterOutlet>
      <Route exact path={match.url} component={UsersListPage} />
      <Route path={`${match.url}/users/:id`} component={UserDetailPage} />
    </IonRouterOutlet>
  );
};
CopyCopied

ここでは、 match.url には "/dashboard" の値が含まれています。これは、 DashboardPage のレンダリングに使用されるURLであるためです。

これらのルートは IonRouterOutlet にグループ化されています。次に説明します。

IonRouterOutlet

IonRouterOutlet コンポーネントは、Ionicの "ページ" をレンダリングするルートコンテナを提供します。 ページが IonRouterOutlet にある場合、コンテナはページ間の遷移アニメーションを制御し、ページが作成および破棄されるタイミングを制御します。これにより、ビューを切り替える際にビュー間の状態を維持できます。

上記の DashboardPage には、ユーザーリストページと詳細ページが表示されます。 2つのページ間を移動するとき、 IonRouterOutlet は適切なプラットフォームページの遷移を提供し、前のページの状態をそのまま保持するため、ユーザーがリストページに戻ると、前のページと同じ状態で表示されます。

IonRouterOutlet には、 RouteRedirect のみを含める必要があります。 他のコンポーネントは、 Route の結果、または IonRouterOutlet の外部でレンダリングする必要があります。

IonRouterOutlet は別の IonRouterOutlet の子孫であってはいけません。

Ionic Reactアプリでさまざまなビューにルーティングする場合、いくつかのオプションを使用できます。 ここで、 UsersListPageはIonItemIonItemrouterLink prop を使用して、タップ/クリックされたときに移動するルートを指定します:

UsersListPage.tsx

const UsersListPage: React.FC = () => {
  return (
    <IonPage>
      <IonHeader>
        <IonToolbar>
          <IonTitle>Users</IonTitle>
        </IonToolbar>
      </IonHeader>
      <IonContent>
        <IonList>
          <IonItem routerLink="/dashboard/users/1">
            <IonLabel>User 1</IonLabel>
          </IonItem>
          <IonItem routerLink="/dashboard/users/2">
            <IonLabel>User 2</IonLabel>
          </IonItem>
        </IonList>
      </IonContent>
    </IonPage>
  );
};
CopyCopied

Other components that have the routerLink prop are IonButton, IonCard, IonRouterLink, IonFabButton, and IonItemOption.

Each of these components also have a routerDirection prop to explicitly set the type of page transition to use ("back", "forward", or "none").

Outside of these components that have the routerLink prop, you can also use React Routers Link component to navigate between views:

<Link to="/dashboard/users/1">User 1</Link>
CopyCopied

ルーティングは可能な限り、上記の方法のいずれかを使用することをお勧めします。 これらのアプローチの利点は、両方ともアンカー( <a> )タグをレンダリングすることです。これはアプリ全体のアクセシビリティに適しています。

ナビゲーションのためのプログラムオプションとして、React Routerがルート経由でレンダリングするコンポーネントに提供する history prop を使用することもできます。

<IonButton
  onClick={e => {
    e.preventDefault();
    history.push('/dashboard/users/1');
  }}>
  Go to User 1
</IonButton>
CopyCopied

Note: history は prop.

URLパラメーター

Dashboard Pageで定義された2番目のルートには、URLパラメーターが定義されています(パスの ":id" 部分)。 URLパラメーターは path の動的な部分であり、ユーザーが "/dashboard/users/1" などのURLに移動すると、"1" はルートがレンダリングするコンポーネント上で "id" という名前のパラメーターに保存されます。それがどのように行われるかを見てみましょう。

UserDetailPage.tsx

interface UserDetailPageProps extends RouteComponentProps<{
  id: string;
}> {}

const UserDetailPage: React.FC<UserDetailPageProps> = ({match}) => {
  return (
    <IonPage>
      <IonHeader>
        <IonToolbar>
          <IonTitle>User Detail</IonTitle>
        </IonToolbar>
      </IonHeader>
      <IonContent>
        User {match.params.id}
      </IonContent>
    </IonPage>
  );
};
CopyCopied

match prop には、URLパラメーターなど、一致したルートに関する情報が含まれます。 ここで id パラメータを取得し、画面に表示します。

Note: TypeScriptインターフェイスを使用して props オブジェクトを厳密に入力する方法に注意してください。 このインターフェースにより、コンポーネント内部でタイプセーフティとコード補完が可能になります。

Live Example

If you would prefer to get hands on with the concepts and code described above, please checkout our live example of the topics above on StackBlitz.

IonRouterOutlet in a Tabs View

Tabビューで作業する場合、Ionic Reactには、どのビューがどのTabに属しているかを判断する方法が必要です。これは、 Route に提供されるパスが正規表現であるという事実を利用することにより実現します。

この構文は少し不思議に見えますが、理解すればかなり簡単です。

例えば、2つのタブ (sessions と speakers) をもつビューのルートは次のように設定できます:

<IonRouterOutlet>
  <Route path="/:tab(sessions)" component={SessionsPage} exact={true} />
  <Route path="/:tab(sessions)/:id" component={SessionDetail} />
  <Route path="/:tab(speakers)" component={SpeakerList} exact={true} />
</IonRouterOutlet>
CopyCopied

ナビゲートされたURLが "/sessions" の場合、最初のルートと一致します。 "tab" というURLパラメーターに "sessions" の値を格納して、 match オブジェクトに SessionsPage として追加します。

ユーザーがセッションの詳細ページ(たとえば "/sessions/1" )に移動すると、2番目のルートは "tabs" というURLパラメーターに "sessions" という値を追加します。 IonRouterOutlet は、両方のページが同じ "sessions" タブにあることを認識すると、新しいビューへのアニメーションページ遷移を提供します。 ユーザーが新しいタブ(この場合は "speakers" )に移動すると、 IonRouterOutlet はアニメーションを提供しないことを認識します。

IonRouterOutletの Switch

IonRouterOutlet がどのルートをレンダリングするかを決定するジョブを引き継ぐため、IonRouterOutlet内で使用する場合、React Routerからの Switch を使用しても効果はありません。 IonRouterOutlet の外部で使用する場合、 Switch は引き続き期待どおりに機能します。

更に知りたい場合

React Routerを使用したReactでのルーティングの詳細については、次の https://reacttraining.com/react-router/web でドキュメントをご覧ください。

From the Community

Ionic 4 and React: Navigation - Paul Halliday

Previous
Lifecycle
Next
Config