Search docs/

Android開発

このガイドでは、Capacitor または Cordovaを使用して、Androidエミュレータおよびデバイス上でIonicアプリケーションを実行およびデバッグする方法について説明します。AndroidアプリはWindows、macOS、Linux上で開発できます。

Android Studio

Android StudioはネイティブなAndroidアプリを作るためのIDEです。Android SDKが含まれており、コマンドラインで使用できるように設定する必要があります。

Androidエミュレータに必要な Android仮想デバイス の作成にもAndroid Studioが使用されます。Ionicアプリは デバイスに起動することもできます。

Android Studioを使ってIonicアプリを開発することはお勧めしません。実際には、ネイティブのAndroidプラットフォーム向けにアプリをビルドして実行したり、Android SDKや仮想デバイスを管理するためだけに使うべきです。

Android Studioのインストール

Android websiteからAndroid Studioをダウンロードします。より詳しいインストール手順はUser Guideをご覧ください。

Android SDKのインストール

Android Studioをインストールしたら起動します。IDEは、Android SDKのインストールが必要であることを検出するはずです。SDK Components Setupの画面で、SDKのインストールを完了して、Android SDKのパスのをメモしておいてください。

Android Studio SDK Setup

デフォルトでは、最新の安定版SDKプラットフォームがインストールされ、そのバージョンのAndroidをターゲットにするために必要なパッケージもコレクションされています。

システムイメージやその他のマイナーSDKプラットフォームパッケージをインストールするには、SDK Managerの下部にある [Show Package Details] がオンになっていることを確認する必要があります。 Android Studio SDK Manager

今後の参考情報ですが、Android SDKはAndroid Studioの起動画面の Configure » SDK Manager メニュー、またはAndroidプロジェクト内の Tools » SDK Manager で管理することができます。

コマンドラインツールの設定

Android SDKには便利なコマンドラインツールが付属しています。これは利用する前に、いくつかの環境変数を設定する必要があります。以下のドキュメントは、macOSとLinuxのものです。WIndowsの場合は、ターミナルセッションでの環境変数の設定と保存に関するドキュメントを確認ください。

~/.bashrcもしくは~/.bash_profile、または同様のシェル起動スクリプトを、次のように変更します。s:

  1. ANDROID_SDK_ROOT環境変数を設定します。このパスは、前のセクションでメモしたAndroid SDKのパスです。

    $ export ANDROID_SDK_ROOT=$HOME/Library/Android/sdk
  2. PATHにAndroid SDK コマンドラインのディレクトリを追加します。それぞれのディレクトリは、コマンドラインツールのカテゴリに対応しています。.

    # avdmanager, sdkmanager export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/tools/bin
    # adb, logcat export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/platform-tools
    # emulator export PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_ROOT/emulator

    apksignerzipalignのために, $ANDROID_SDK_ROOT/build-tools/は必ずPATHに追加する必要があります。

Android仮想デバイスの作成

Android仮想デバイス(AVD)は、AndroidエミュレータがAndroid OSを実行するために利用する設計図です。以下のドキュメントはAndroidエミュレータをセットアップするための簡単な方法です。詳細な手順と情報は、Android のドキュメントを参照ください。

AVDはAVD Managerで管理します。Android Studioの初期画面で、 Configure » AVD Manager をクリックします。AVD Managerは、Androidプロジェクト内で、-Tools » AVD Manager メニューから開くこともできます。

AVD Setup

Create Virtual Device をクリックし、適切なデバイス定義を選択します。不明な場合は、 Pixel 2 を選択し、適切なシステムイメージを選択します。よく分からない場合は、Pie (API 28) with Google Play servicesを選択してください。Androidのバージョンについては、Androidのバージョン履歴を参照してください。

AVDが作成されたら、AndroidエミュレータでAVDを起動します。エミュレータを実行し続けることは、Android用のIonicアプリケーションを開発しながら検出を確実にするための最良の方法です。

Android Emulator Booting

Androidデバイスを設定する

Androidハードウェアの実物は、Ionicアプリ開発でも使用できます。しかし、最初に、デバイスを開発用にセットアップする必要があります。以下のドキュメントは開発用にAndroidデバイスを設定する簡単な方法です。詳細な手順と情報については、the Android documentationを参照してください。

  1. デバイスのUSBデバッグを有効にします。Settingsを開き、Developer optionsに移動し、USB debuggingを有効にします。Developer optionsのメニューを最初に有効にする必要があるかもしれません。手順についてはthe Android documentationをご確認ください。
  2. デバイスにコンピュータへの接続許可があることを確認してください。macOSの場合、追加の設定は不要です。Windowsの場合はOEM USB driversをインストールしてください。

USBケーブルでデバイスをコンピュータに接続し、次のコマンドを使用して接続が機能することを確認します。

$ adb devices

デバイスがリストされます。トラブルシューティングと詳細情報については、 adb documentation を参照してください。

Cordova Setup

Cordovaがプログラムビルドをサポートするには、追加のセットアップが必要です。 Capacitorには不要です。

Java

ネイティブのAndroidアプリは Java プログラミング言語でコンパイルされている。ダウンロードページからJDK 8をdownload pageします。

残念ながら、Cordovaは最新バージョンのJavaと互換性がありません。

Gradle

Gradle はAndroidアプリで使用されるビルドツールで、別途インストールする必要があります。詳細については、インストールページを参照してください。

プロジェクトのセットアップ

アプリをAndroidシミュレータやデバイスにデプロイする前に、ネイティブプロジェクトを設定する必要があります。

  1. ネイティブプロジェクトが存在しない場合は、生成します。

    Capacitorでは以下の実行をサポートしています:

    $ ionic capacitor add android

    Cordovaでは以下の実行をサポートしています:

    $ ionic cordova prepare android
  2. Package IDをご覧ください

    Capacitorの場合は capacitor.config.json ファイルを開いて、 appId を変更してください。

    Cordovaの場合は、 config.xml を開きます。ルート要素の <widget>id 属性を変更します。詳細については、Cordovaのマニュアルを参照してください。

Capacitorでの実行

CapacitorはAndroid Studioを使って、シミュレータやデバイスへのアプリの構築と実行を行います。

  1. Ionicアプリを開発してネイティブプロジェクトに同期します

    重要な変更が行われるたびに、変更がAndroidシミュレータやデバイスに表示されるようにするには、WebアセットにIonicアプリを組み込む必要があります。次に、Webアセットをネイティブプロジェクトにコピーする必要があります。幸い、このプロセスはIonic CLIコマンド1つで簡単になります。

    $ ionic capacitor copy android
  2. Android StudioでRunボタンをクリックして、シュミレーターかデバイスを選択ください。

Android Studio Run Button Area

ライブリロード

リロードサーバを起動するには、次のコマンドを実行します。

$ ionic capacitor run android -l --host=YOUR_IP_ADDRESS

デバイス上で実行する場合は、デバイスと開発マシンが同じネットワークに接続されていることを確認してください。

Running with Cordova

The Ionic CLI can build, copy, and deploy Ionic apps to Android simulators and devices with a single command. It can also spin up a development server, like the one used in ionic serve, to provide live-reload functionality.

Run the following to start a long-running CLI process that boots up a live-reload server:

$ ionic cordova run android -l

Now, when changes are made to the app's source files, web assets are rebuilt and the changes are reflected on the simulator or device without having to deploy again.

Androidアプリのデバッグ

アプリがAndroidデバイスやエミュレータ上で動作するようになったら、 Chrome DevToolsを使ってデバッグすることができます。

Chrome DevToolsの利用

Chromeは、AndroidシミュレータとデバイスのためのWeb開発者ツールをサポートしている。シミュレータが動作している間、またはデバイスがコンピュータに接続されている間にChromeで chrome://inspect に移動し、デバッグが必要なアプリケーションを Inspect します。

アプリケーションがデバイスまたはシミュレータで実行されていることを確認してください。実行されていない場合は、リストに表示されません。

Android Chrome DevTools

Native Logsの表示

Android Studioで実行している場合、ネイティブログは Logcat に表示されます。 If running with Android Studio, native logs can be found in Logcat.

Logcat ウインドウが非表示の場合は、 View » Tool Windows » Logcat から有効にします。

Android Studio Logcat

Logcat には ADB を利用してアクセスすることもできます。

$ adb logcat
Previous
Running on iOS
Next
Development Tips